不動産相続と遺留分|その遺産分割、公平ですか?

このページ内の目次

不動産相続と遺留分

不動産を相続する場合、遺留分を考えることも多いようです。不動産の持つ特徴が理由の1つです。ここでは、不動産相続と遺留分について考えてみましょう。

遺留分とは?

遺留分とは、法定相続人に保証している最低限の遺産の割合のことです。

相続においては、しばしば「遺留分の減殺請求」を考える必要があります。

遺留分の減殺請求とは、遺言に沿って遺産分割をした場合に、遺留分を侵害されている相続人が、侵害されている部分を他の相続人に対して請求することです。

不動産の特徴

不動産には資産の中でも高額である、分けにくい、1つとして同じものがない(価格がよくわからない)という特徴があります。

その遺産分割は、公平ですか?

不動産を相続人のうち誰かが相続することになると、遺産を法定相続分どおりに相続することが難しいケースが出てきます。不動産の評価額は、本当に適正ですか?適正な評価額でない場合、誰かが損をしてしまうという、不公平な遺産分割になる可能性があります。

不動産の評価額は慎重に決めたいですね。


 

不動産には、実践すべきルールがあります。

不動産の悩みを解決することで、豊かな人生を創造できます。

不動産の悩みの解決には、ノウハウの実践が必要です。

是非、あなたも、不動産コンサルティングを通じてこのルールを実践し、

ご自身の相続に活かしていきませんか?

今すぐ不動産コンサルティングを依頼する

トップに戻る

関連記事

前へ

基礎控除が今すぐ計算できる|不動産相続の基礎控除とは?

Page Top