不動産相続と遺産分割の方法|遺産分割を徹底解説

このページ内の目次

不動産と遺産分割の方法

不動産は財産・遺産の中でも高額です。 遺産分割の時には価格がいくらになるのかにより、 分割の方法を決めることも多いと思います。

ここではその遺産分割と価格についてお伝えしていきます。

知らなかった!不動産相続における遺産分割の方法

不動産を遺産分割するには、次の4つの方法があります。
1.現物分割
2.代償分割
3.共有
4.換価分割
 

1.現物分割

1.の「現物分割」とは、不動産を現物で分ける方法です。
相続人のうち1人が単独取得する場合と、土地や建物を分割して分割後の不動産をそれぞれ単特取得する場合
があります。
この方法は不動産が大きい場合に有効で相続後に問題が発生しにくいですが、不公平感があり、誰が取得するか、分割方法はどうするのか、という問題があります。
市町村によっては敷地の最低面積をクリアできず分割不可の場合もあります。
 

2.代償分割

2.の「代償分割」とは、相続人のうち1人が単独取得し、他の相続人はその人から相応の金銭(代償金)をもらう方法です。
この方法は不動産の価格が適正に求められるかがポイントとなります。
不動産の価格を高めにすると他の相続人の代償金が増えることになり、不動産の価格を低めにすると代償金が少なく取得する相続人に有利になります。
また、代償金としての資金の確保が問題となります。
 

3.共有

3.の「共有」とは、不動産を相続人全員の共有名義とする方法です。
この方法はいま不動産に住んでいる相続人は継続して住めますが、他の相続人は不動産を利用できません。
売却や賃貸には全員の合意がないとできません。
相続人たちに、さらに相続が発生すると関係者が増え、意見を調整するのが難しくなります。
 

4.換価分割

4.の「換価分割」とは、不動産を売却し、売却代金を相続人で分ける方法です。
この方法はほかの方法が難しい場合に用いられます。
一番わかりやすいですが、売却には全員の合意が必要です。
希望価格で売却できるかどうかもわかりません。
いくらなら売却してもよい、という基準も必要かもしれません。
 
「共有」は問題が多く、あまりオススメできない方法です。
ほかの方法は、専門家の意見があれば公平に分割できると思います。
 

不動産の特徴を意識して公平な遺産分割を

いかがでしたか?

不動産には「分割しにくい」という、他の資産にはない特徴があります。相続においては、公平な遺産分割や、自分にとって不利にならない遺産分割をしたいですね。

トップに戻る

関連記事

前へ

不動産相続における共同名義|実態とリスクを解説

次へ

不動産相続の対策とは?|専門家が解説

Page Top