群馬県の不動産鑑定は たなか不動産鑑定士事務所 へ

受付時間 10:00 - 18:00(土日祝日除く)
TEL 0270-24-0699

鑑定用語集:た行の一覧

鑑定用語集:た行

鑑定用語集:た行

2008.06.16 鑑定用語集

続きを見る

対象確定条件

対象確定条件

2008.06.15 鑑定用語集

対象不動産の確定に当たって必要となる鑑定評価の条件を対象確定条件という。

(基準<総論> 第5章/第1節/Ⅰ)

続きを見る

対象不動産の確定

対象不動産の確定

2008.06.14 鑑定用語集

対象不動産の確定は、鑑定評価の対象を明確に他の不動産と区別し、特定することであり、それは不動産鑑定士等が鑑定評価の依頼目的及び条件に照応する対象不動産と当該不動産の現実の利用状況とを照合して確認するという実践行為を経て最終的に確定されるべきものである。

(基準<総論> 第5章/第1節)

続きを見る

対象不動産の経済価値に即応した適正な実質賃料

対象不動産の経済価値に即応した適正な実質賃料

2008.06.13 鑑定用語集

対象不動産の経済価値に即応した適正な実質賃料は、価格時点において想定される正常賃料であり、積算法、賃貸事例比較法等により求めるものとする。

(基準<総論> 第7章/第2節/Ⅲ/1./(2)/①)

続きを見る

宅地

宅地

2008.06.12 鑑定用語集

宅地とは、宅地地域のうちにある土地をいい、住宅地、商業地、工業地等に細分される。この場合において、住宅地とは住宅地域のうちにある土地をいい、商業地とは商業地域のうちにある土地をいい、工業地とは工業地域のうちにある土地をいう。

(基準<総論> 第2章/第1節/Ⅱ)

続きを見る

宅地地域

宅地地域

2008.06.11 鑑定用語集

宅地地域とは、居住、商業活動、工業生産活動等の用に供される建物、構築物等の敷地の用に供されることが、自然的、社会的、経済的及び行政的観点からみて合理的と判断される地域をいい、住宅地域、商業地域、工業地域等に細分される。さらに住宅地域、商業地域、工業地域等については、その規模、構成の内容、機能等に応じた細分化が考えられる。

(基準<総論> 第2章/第1節/Ⅰ)

続きを見る

建付地

建付地

2008.06.10 鑑定用語集

建付地とは、建物等の用に供されている敷地で建物等及びその敷地が同一の所有者に属し、かつ、当該所有者により使用され、その敷地の使用収益を制約する権利の付着していない宅地をいう。

(基準<総論> 第2章/第2節/Ⅰ)

建付地は、建物等と結合して有機的にその効用を発揮しているため、建物等と密接な関連を持つものであり、したがって、建付地の鑑定評価は、建物等と一体として継続使用することが合理的である場合において、その敷地について部分鑑定評価をするものである。

(基準<各論> 第1章/第1節/Ⅰ/2.)

続きを見る

地域分析

地域分析

2008.06.09 鑑定用語集

地域分析とは、その対象不動産がどのような地域に存するか、その地域はどのような特性を有するか、また、対象不動産に係る市場はどのような特性を有するか、及びそれらの特性はその地域内の不動産の利用形態と価格形成について全般的にどのような影響力を持っているかを分析し、判定することをいう。

(基準<総論> 第6章/第1節/Ⅰ)

続きを見る

地域要因

地域要因

2008.06.08 鑑定用語集

地域要因とは、一般的要因の相関結合によって規模、構成の内容、機能等にわたる各地域の特性を形成し、その地域に属する不動産の価格の形成に全般的な影響を与える要因をいう。

(基準<総論> 第3章/第2節)

続きを見る

駐車場収入

駐車場収入

2008.06.07 鑑定用語集

対象不動産に付属する駐車場をテナント等に賃貸することによって得られる収入及び駐車場を時間貸しすることによって得られる収入

(基準<各論> 第3章/第4節/Ⅱ/(1))

続きを見る

直接還元法

直接還元法

2008.06.06 鑑定用語集

一期間の純収益を還元利回りによって還元する方法。

(基準<総論> 第7章/第1節/Ⅳ/2.)

続きを見る

賃貸事例比較法

賃貸事例比較法

2008.06.05 鑑定用語集

賃貸事例比較法は、まず多数の新規の賃貸借等の事例を収集して適切な事例の選択を行い、これらに係る実際実質賃料(実際に支払われている不動産に係るすべての経済的対価をいう。)に必要に応じて事情補正及び時点修正を行い、かつ、地域要因の比較及び個別的要因の比較を行って求められた賃料を比較考量し、これによって対象不動産の試算賃料を求める手法である。

(基準<総論> 第7章/第2節/Ⅱ/2./(1))

賃貸事例比較法は、新規賃料に係る賃貸事例比較法に準じて試算賃料を求める手法である。

(基準<総論> 第7章/第2節/Ⅲ/4)

続きを見る

テナント募集費用等

テナント募集費用等

2008.06.04 鑑定用語集

新規テナントの募集に際して行われる仲介業務や広告宣伝等に要する費用及びテナントの賃貸借契約の更新や再契約業務に要する費用等

(基準<各論> 第3章/第4節/Ⅱ/(1))

続きを見る

同一需給圏

同一需給圏

2008.06.03 鑑定用語集

同一需給圏とは、一般に対象不動産と代替関係が成立して、その価格の形成について相互に影響を及ぼすような関係にある他の不動産の存する圏域をいう。それは、近隣地域を含んでより広域的であり、近隣地域と相関関係にある類似地域等の存する範囲を規定するものである。

(基準<総論> 第6章/第1節/Ⅱ/1./(2))

続きを見る

特殊価格

特殊価格

2008.06.02 鑑定用語集

特殊価格とは、文化財等の一般的に市場性を有しない不動産について、その利用現況等を前提とした不動産の経済価値を適正に表示する価格をいう。

(基準<総論> 第5章/第3節/Ⅰ/4.)

続きを見る

特定価格

特定価格

2008.06.01 鑑定用語集

特定価格とは、市場性を有する不動産について、法令等による社会的要請を背景とする評価目的の下で、正常価格の前提となる諸条件を満たさない場合における不動産の経済価値を適正に表示する価格をいう。

(基準<総論> 第5章/第3節/Ⅰ/3.)

続きを見る

独立鑑定評価

独立鑑定評価

2008.05.31 鑑定用語集

不動産が土地及び建物等の結合により構成されている場合において、その土地のみを建物等が存しない独立のもの(更地)として鑑定評価の対象とすること。

(基準<総論> 第5章/第1節/Ⅰ/2.)

続きを見る

土地残余法

土地残余法

2008.05.30 鑑定用語集

建物等の価格を収益還元法以外の手法によって求めることができる場合に、敷地と建物等からなる不動産について敷地に帰属する純収益から敷地の収益価格を求める方法。

(基準<各論> 第1章/第1節/Ⅰ/1)

不動産が敷地と建物等との結合によって構成されている場合において、収益還元法以外の手法によって敷地と建物等のいずれか一方の価格を求めることができるときは、当該不動産に基づく純収益から建物等又は敷地に帰属する純収益を控除した残余の純収益を還元利回りで還元する手法(土地残余法又は建物残余法という。)

(基準<留意事項> Ⅴ/1./(3)/①/イ)

続きを見る

取引事例比較法

取引事例比較法

2008.05.29 鑑定用語集

取引事例比較法は、まず多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行い、これらに係る取引価格に必要に応じて事情補正及び時点修正を行い、かつ、地域要因の比較及び個別的要因の比較を行って求められた価格を比較考量し、これによって対象不動産の試算価格を求める手法である(この手法による試算価格を比準価格という。)。

(基準<総論> 第7章/第1節/Ⅲ/1.)

続きを見る